プチ整形は一体どんな整形なのか?

プチ整形は一体どんな整形なのか?

整形ではなく、「プチ整形」という言葉はいつからか一般的に流通する言葉となったような気がします。

しかし、プチ整形について具体的にどういうものかが分からなかったので、簡単に特徴について調べてみました。

そうしたところ、プチ整形について6つのポイントがあったので紹介したいと思います。

①メスを使わない整形。

②施術の時間が短時間でだいたい10分~30分で終了するもの。

③元に戻すことが可能。

④ほとんどが入院の必要がなく、日帰りで施術を受けられるもの。

⑤通常の整形手術と比べると痛みが少なく、麻酔を使用したとしても少量しか使わない。

⑥費用が通常の整形手術と比べると安い。

この6つの特徴を見てみても、確かに通常の整形手術と比べると少し手軽な印象を受けます。

整形手術となると入院したり、痛みを伴ったりという印象がありますが、プチ整形ならちょっと感覚が違うかもしれませんが、美容院やネイルサロンに行くような気軽な感覚で施術を受けることができそうな感じがしますね。

プチ整形で代表的なものは何か

プチ整形とは、通常の美容整形に比べてメスを入れないため痛みも少なく、価格も手ごろなものを指しますが、その中でポピュラーなものはまぶたの二重整形、メソセラピーといわれる脂肪溶解、ヒアルロン酸注射などがあります。

一重まぶたの方が二重まぶたにする手術はまさにプチ整形の代表と言ってよいくらい有名かと思います。

方法としては、医療用の細い糸をまぶたの内側から止めることで、自然なくぼみを作って二重まぶたにするようです。

脂肪溶解は脂肪吸引とは違って、脂肪を溶かす成分を注射で打ち込み、部分的に脂肪を溶かして尿などで体の外に排出するものだそうです。

おすすめのプチ整形

そのため、体に対する負担がほとんどなく、ピンポイントでの部分痩せなど気軽にできるそうです。

ヒアルロン酸注射は、顔などに行うことで肌にハリを出したりボリュームをアップさせたりする方法で、鼻筋やあご、輪郭や唇など様々なところに行われます。

注射された場所は肌にハリがでて、弾力が出るのでしわを浅くしたりする場合にも行われます。